fc2ブログ

働きながら公務員試験‼︎ 〜ロスジェネの転職〜

「2016年03月」日時の記事

臆するな、GD!…「社会人経験」の魅せどころ!

グループディスカッション(GD)が苦手、新卒時の就職活動でほぼ全敗でした。リーダーやタイムキーパーをしなくちゃ…、話し過ぎても話さなくてもダメ…、「どうすりゃ良いの?」と悩んだ記憶があります。あれから10数年、公務員試験でもGDがあると知り、幻滅しました。しかし、GDを乗り越えなければ、合格はありません。そこで、公務員予備校の「GD模擬体験」に行ってみました。体験の参加者は12名(新卒や既卒、社会人...

内定辞退の実態、鉄則は「迅速に…」

別官庁や公務員以外へ進路を決めた場合、合格した自治体には「内定辞退」する必要があります。面接試験で「第一志望です、必ず入庁します」と熱弁していた人間が、突然の豹変…人事部門の方は、複雑な気持ちだと思います。今回は、私の実体験を基に『内定辞退の鉄則:迅速に電話、確実に辞退届提出』を解説します。【実態①自治体A「あっさりの反応」】電話で辞退を伝えると「分かりました」と淡々とした反応、辞退理由も問われませ...

一次試験で手応え♪=至急「二次対策」を!

忙しい社会人には、一次試験(教養・論文)対策で手一杯で、二次試験(面接・GD)対策まで手が廻りません。そこで、一次試験で手応えがあった場合、二次試験の結果を待たずに、二次試験対策を始めましょう。その理由は2つ、第一に「社会人採用の場合、面接試験の配点比率が高い=面接の出来が合否を決める」から、第二に「結果発表後に、時間が無い」からです。今回は「一次合格後から二次試験までの時間経過」をご紹介します。...

「同日に2回面接?」=和やかと圧迫のW攻撃

公務員の社会人採用で、面接を受けた3自治体では、どの自治体も「同日に2回連続の面接形式」でした。今回は、公務員試験で多く実施される「同日に2回連続の面接形式」の実態と目的、そして対策を紹介します。≪3自治体共通の時間設定≫どの自治体も共通で「1回目の面接(20~30分間)」が終わって、トイレ休憩(5分間)の後、スグに「2回目の面接(20~30分間)」が始まりました。短い休憩なので、1回目に「答えた内容」を振...

実録「面接質問」…6回の面接から頻出度も分析!

公務員の社会人採用の面接では、何を質問されるのでしょうか?私が受験した3自治体(各自治体2回ずつ、計6回の面接)で受けた質問を、頻度別に紹介します。…圧迫気味(強い口調、何回も再質問)に聞かれた質問には注釈を付けました。そして、面接中の会話の6割が「職務経歴書・自己PR書類」の内容でした。この理由は「面接官も、手元に書類があるので、質問しやすい」からだと思います。よって「職務経歴書・自己PR書類」...

Top